茨城県鹿嶋市・神栖市 ホームページ制作、デザイン スキル・バンク

ホームページ,名刺,パンフレット制作。鹿嶋イオンそば。

ホームページ制作スキルバンク 鹿嶋市0299-77-8195 ホームページ制作お問い合わせ
ホームページ制作新着情報
茨城県鹿行(鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市)、千葉県香取市 集客ご相談ください。
お店・会社の全てを紹介できる ホームページ制作ご相談ください。
楽天市場、Yahooショップ、アットホーム等々 モール・ポータルの更新代行承ります。
ウェブシステム制作 集客に最適なシステムをご提案します。
コンテンツライティング、アクセス解析 ウェブの事なら何でもご相談ください。
全105項目のホームページ診断、サイトの見直しにぜひご利用ください。
トップページ > スキル・バンク SEのひと言メモ > 【ホームページ制作】何が目的なのか、実際に試してみないとわかりません
ホームページ制作メニュー
  • コピーライティング
  • 業務システム開発
  • IT業務支援
  • ウェブコンサルティング
  • ECサイト商品登録代行

【ホームページ制作】何が目的なのか、実際に試してみないとわかりません

皆さん、こんにちは。 スキル・バンク SEのW です。 連日の投稿になりますが、ふとした気づきをシェアしたいと思います。 とあるEFOに関する記事を読んでおりましたら、下記のような記述がありました。 ・モバイルサイトでは、入力例はテキストボックス内に初期表示した方がいい。 ・理由は、その方がレイアウトがすっきりするから。 ・その方がユーザーにもページが見やすくなって、満足度が上がるはず。 そこで、実際に自社サイトの問い合わせページで試してみようと思ったのです。 テキストボックスに初期表示させるには、inputタグの中に「placeholder」という設定値を追加します。 CSSを使えば色も濃くしたり、薄くしたり、色を付けたりもできます。 設定は簡単に終わりまして、さて実機でテスト。 確かにレイアウトは若干すっきりして見えます。 テキストボックスに値を入力してみますと、初期表示が消えます。 なるほどなるほど、もう少し色が薄い方がいいかな、それとも青系の方がいいんだろうか・・・。 そこでハタと気づきました。 入力しようとしたら入力例が消えます。 ということは、入力する段階では、参考になるものが見えなくなっているんですね。 「これでは、入力例の意味がない」 そう判断して、入力例はこれまで通り、テキストボックスの下に、控えめに表示することにしました。 入力例が消えてしまって、入力間違いを起こしている方が、絶対にいるはずです。 レイアウトがどうのこうの以前の問題ですね。 やはり実機での確認も大事ですが、まずは「それは何のために存在しているのか?」を良く考えないといけないな、と改めて感じました。
ホームページ制作、デザイン スキルバンク
ホームページ制作 スキルバンク 0299-77-8195
ホームページ制作お問い合わせ
お見積もり、ご相談はこちらのページからどうぞ。
茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市 鹿行地区
ホームページ制作、デザイン、システム開発のスキルバンク お気軽にご相談ください。

2019.04.25

スキル・バンク SEのひと言メモ 記事一覧に戻る