茨城県鹿嶋市・神栖市 ホームページ制作、デザイン スキル・バンク

ホームページ,名刺,パンフレット制作。鹿嶋イオンそば。

ホームページ制作スキルバンク 鹿嶋市0299-77-8195 ホームページ制作お問い合わせ
ホームページ制作新着情報
茨城県鹿行(鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市、行方市)、千葉県香取市 集客ご相談ください。
お店・会社の全てを紹介できる ホームページ制作ご相談ください。
楽天市場、Yahooショップ、アットホーム等々 モール・ポータルの更新代行承ります。
ウェブシステム制作 集客に最適なシステムをご提案します。
コンテンツライティング、アクセス解析 ウェブの事なら何でもご相談ください。
全105項目のホームページ診断、サイトの見直しにぜひご利用ください。
トップページ > スキル・バンク SEのひと言メモ > 【ホームページ制作】パソコン用サイトとモバイル用サイト
ホームページ制作メニュー
  • コピーライティング
  • 業務システム開発
  • IT業務支援
  • ウェブコンサルティング
  • ECサイト商品登録代行

【ホームページ制作】パソコン用サイトとモバイル用サイト

皆さん、こんにちは。 スキル・バンク SEのW です。 Googleのモバイルファーストインデックスですが、およそ半数のサイトが移行済みとのことです。 当社で保守管理しているサイトは、全てMFIに移行しています。 パソコン用のページしかないサイトでも、タブレットタイプのサイトでも、ほぼ同時期にMFIに移行したという通知が来ました。 残りの半数は何故移行しないの(できないの)でしょうか? なんでも、パソコン用のページとモバイル用のページの整合性が取れていないサイトが多いんだとか。 当社の保守サイトにも、パソコン用とモバイル用でURLを分けているサイトがありますが、MFIが通知されてから少しずつコンテンツを合わせていって、ほぼ両方のコンテンツが揃うところまできています。 このサイトでは、幸いPerlを使って動的にページを生成していたので、ユーザーの閲覧媒体がパソコンかモバイルかを判断して、いろいろと小細工がききました。 しかし静的ページをCSSで制御するというのは、正直大変です。 よくパソコン用の大きいサイズの画像をモバイルでも表示させるサイトを見ますが、データ量も増えるし、読み込み速度も遅くなり、いいことありません。 いっその事、表示するのはモバイル用の画像にして、パソコンで閲覧したときには、ちょっと荒い画像でもそこは我慢する方が、よりユーザーライクですよね。 PerlやPHP、最低JavaScriptというプログラムが使えれば、パソコン用画像、モバイル用画像を使い分けたり、レイアウトだけでなく、ページ内容を変えることも可能です。 モバイル対策でお悩みの方、お気軽にご相談ください。
ホームページ制作、デザイン スキルバンク
ホームページ制作 スキルバンク 0299-77-8195
ホームページ制作お問い合わせ
お見積もり、ご相談はこちらのページからどうぞ。
茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、鉾田市 鹿行地区
ホームページ制作、デザイン、システム開発のスキルバンク お気軽にご相談ください。

2019.02.06

スキル・バンク SEのひと言メモ 記事一覧に戻る